バイクのプロ

バイクを保管する場合は専用のガレージがあったほうがきれいに保管できます。盗難やいたずら対策などメリットも増えます。

付き合い続ける限りはしっかり手入れを。

苦労して手に入れた自分の愛車です。

やはり、日ごろのお手入れから自分で手掛けたくなってきます。

バイクは概ね12カ月点検は最低限慫慂されますが、加えて購入店の推奨目安もあるようです。

私が購入したバイクショップ(正規YSP店)では、購入後1か月点検、6か月点検、12カ月点検を推奨され、時期が近付くと通知はがきが届いていました。

業者に任せれば安心、という面も確かにあるんですが、実際のところ費用も掛かってしまうんですよね。

最初の1か月点検は購入店でお任せしたのですが、私はそこでメンテナンス検査の様子をずっと見ていました。

それで、なんだか自分でもできそう…という印象だったので、色々と自分でてか掛けてみようと考えるようになったのです。

定期点検はチェック項目が概ねあるのですが、自分で手入れを使用となれば日常手入れが重要になってきます。

入門編的で程良いメンテナンス項目は、「チェーン注油」でしょうか。

かなり過酷な負荷のかかるパーツです。

オイルが不足してくると摩耗が加速します。

そこで、①汚れを落とし、②注油をする、という作業をするわけです。

この時に必要になるのが「リアスタンド」ですね。

チェーンは一周するので、後輪を持ち上げてないと作業できないのです。

後輪を持ち上げて、後輪を空転させながらチェーンを動かして作業をするわけです。

これ、「メンテナンスしてる感!」を得られやすくて、でも作業ハードルは低くて、おすすめ項目なのです。

そもそも重要度高い作業ですし。

Comments are currently closed.