バイクのプロ

バイクを保管する場合は専用のガレージがあったほうがきれいに保管できます。盗難やいたずら対策などメリットも増えます。

バイクで事故を起こしたら

バイクは車のようにドアも屋根もありません。

もしも事故を起こしたら大怪我をするリスクも高くなりますし、最悪命を落とす危険もあります。

安全運転を心がけるのは大切な事ですが、もしも事故にあったり、事故を起こしたりしてしまったら?

その時にるべき事を知っておくのも大切です。

交通事故はどこで起きるかわかりませんし、いつ起きるかも予測できません。

車の事故は車があれば遠くからでもある程度の距離に来ればわかりますし、ハザードランプや発炎筒で知らせれば、二次被害を防げます。

カーブなど見通しの悪い場所では条件も悪くなりますが、バイクの場合は守るものがないため大怪我をする事もありますし、バイクが見えずに他の車やバイクを巻き込む可能性も高くなります。

怪我の状態にもよりますが、転倒してしまった場合も、まずはバイクと自分を安全な場所に避難や移動をさせましょう。

ツーリング仲間がいれば助けてもらえますが、1人の場合は自分がやらなければいけません。

また単独事故なら移動と避難を行いますが、相手が居る場合は相手の安全確認なども必要になってきます。

ここは見極めも難しくなりますが、動かせない場合は発炎筒などで事故を周囲にしらせ、119番や110番に電話します。

バイクの事故は自身も怪我をして動けなくなる事もありますが、動ける場合はとりあえずやるべき事をして、助けを待ちます。

余裕があれば保険会社や家族にも連絡を入れておき、後は必要に応じて対処していきます。

Comments are currently closed.