バイクのプロ

バイクを保管する場合は専用のガレージがあったほうがきれいに保管できます。盗難やいたずら対策などメリットも増えます。

バイク乗りにとってのガレージの必要性

バイクを買うには、保管して置く場所が必要です。

自宅の庭などに駐車スペースがあればいいのですが、自宅から離れた場所に駐車場を借りる、マンションの駐車場などに停めておく、という方法もありますが、屋根がないと雨ざらしになってしまいます。

カバーをかけておけば濡れたり汚れたりする心配はありませんが、中にはバイクにいたずらをしたり、パーツを盗んだりする人もいます。

盗難防止に関しては、ハンドルロックができる鍵を取り付ける事で対処できますが、ひどい場合はバイクごと持っていかれる事もあります。

ガレージはバイクをきれいに保管するだけでなく、いたずらや盗難からも守れるのがメリットです。

ただし家にガレージや車庫がない場合は、自分で用意しなければいけません。

ガレージに関しては難しい面もありますが、盗難対策はやらないよりも、やっておいたほうが万一の時も安心です。

U字ロックや、チェーンで柵にくくりつけておくのもいいですし、バイクごと持って行かれた場合に備えて、GPSをつけておくのもいい方法です。

自宅で保管する場合はガレージがあれば安心ですが、ツーリングで出かけた先で盗難に合わないとも限りません。

こういう時もGPSがあれば追跡可能です。

GPSもいろいろなタイプがありますので、セキュリティ対策は各自で一番良いと思えるものを選んでいきましょう。

盗まれるとは限りませんが、絶対に盗まれないという保証もありません。

任意保険と同じように、対策は必要です。